Prologue


世界の縮図を覗いてみたい、
誰しも一度はそう思ったことがあるでしょう。
整然と記録された写真や言葉ではなく、
生の息遣いを感じる。
衣・食・住を知ることがそれに直結すると考えました。
とりわけBarberには、気候・宗教・民族など、
文化の集約点の如く、
人々の生活を垣間見る光景が広がっていました。

取材を始めたのは2008年。
総移動距離60,000km、
出会った理髪師の数は500名を超えています。
そして、世界的な不況や紛争など、
急変する情勢に翻弄されながらも、
懸命に生きる理髪師の豊かな表情は、
風土や文化の多様性を物語っており、
幾つものドラマに接することができました。

ここに記された資料は、
正に世界の現在地と言っても過言ではありません。
フォトジャーナリストが断続的に渡航を重ね、
7年の歳月を費やした
『THE WORLDBARBER TOUR』は今、
皆さんの目に開かれることによって
フィナーレを迎えようとしています。

——本文より抜粋。